西岡秀記オフィシャルwebサイト

  • MARTIN D-45

    MARTIN D-45v

    マーチンシリーズはさんざん試し弾きしてきましたが、その中で最も好きな音です。マーチン特有のどんな弾き方をしても安定感のあるパワーに加え、ブレることの無い独特の甘い音の広がりは、ライブ、レコーディングなどあらゆるシーンで使用中。
    弾き語りがメインとなるカフェライブでは、ギター音も聴き取りやすいので、ギターの音色にも注目してほしい。

  • ASTURIAS B 670-1

    ASTURIAS B 670-1

    バンド演奏にて何度か使用したが、やはりマーチンに比べ音に広がりは圧倒的に足りない。
    しかし、マーチンシリーズに比べ、ネック、ボディともに一回り小さいという特徴があり弾きやすい。
    練習用のインストソングを弾く時に主に使用している。
    ライブでの使用頻度は少ない。

  • YAMAHA GC-10S

    YAMAHA GC-10S

    1970年代に作られていたギターで、オール単板で非常に丁寧に作られているガットギター(クラシックギター)で音も軽やかで良い。
    レコーディングでナイロン弦の音が欲しい時に使用している。
    ライブでは弾き語りの際にたまに使用している。

  • YAMAHA レスポール

    YAMAHA レスポール

    レスポールタイプのエレキギター。
    古いギターだが状態は非常に良い。
    2ndアルバムのレコーディングで使用した。
    ライブではエレキギターを弾くことはほぼ無い。

ページトップへ